ホーム> 配管工事
給水管・排水管の『更新工事』はお任せください!
  • 目には見えない配管の老朽化

    弊社が取り扱う水道工事の中で圧倒的に多い案件が、配管の老朽化が原因で発生する給水・排水の配管の水漏れ工事です。
    築20年以上が経つビル、マンションなどでは外観は塗装の塗り替え等で綺麗になってはいますが、内部の給水管や排水管は新築当初のままの物件がほとんどです、隠蔽して目には見えない配管達は知らないうちに老朽化が進み、ある日突然大きな水漏れ事故を引き起こすのです。
    水漏れ事故の最大の問題は、ご本人様のお宅の水が使えなくなる事もさることながら、下の階の住人の方の大切な生活品を水浸しにしてしまい、他人様に多大なご迷惑を掛けてしまうという事になることもあります、また内装復旧に思わぬ出費も発生して頭を抱えてしまったお客様を何度も拝見させて頂きました。
  • 老朽配管の対処方法とは?

    老朽配管を解消する方法は、配管更生工事と配管更新工事の2種類があります。
    その一つは配管の更生工事です、これは古い配管の内側の赤さび等を綺麗に削り取りその上から特殊な膜を塗装する方法です、この方法の利点は現在の古い配管はそのままで配管内部を施工するため、建物の外観はそのままで、また内装等の余分な工事も最小限に抑える事ができ、全体の工事費も4割程度安いとされています。
    しかし短所はあくまで配管の延命工事で、2度目の更生工事は出来ないとされており、いつかは配管を取替えなければならない時期がやってくると言うことです。(基本的に10年と言われています)
    また、更生工事は配管の内部のみを補修する工法で、配管の結露等により腐食する外部劣化には対処できない点があります。
     
    そして、もう一つの方法は弊社が推奨している配管更新工事です。この方法は、老朽化した配管を全て新しい配管に取り替えてしまう方法です。
  • この方法の利点は、20年以上前の配管材料に比べ、技術も材質も飛躍的に進歩した最新の配管材料にて全ての配管を取替えることが出来るという事です、また、更生工事の前倒しにより、何時かは更新しなければならない更生工事の費用を省くことが出来る事も大きな利点だと思います、短所は更生工事に比べ工期が長くなる事と、ある程度の露出配管が必要になり若干の外観が損なわれる事、居住者様のお部屋内での工事が必要なため居住者様の生活に大きな負担をお掛けする事、一部内装工事が発生する場合があることです。
    住まいの寿命やライフスタイルの変化に合わせた長期的な目で、どちらかメリットの良い方を考えましょう。
     


  • 株式会社フジコー
    名古屋市瑞穂区洲山町1丁目57番地1
    お客様ダイヤル:052-710-9800
    TEL:052-853-2717 (代表)
    FAX:052-853-3718
    営業時間 am9:00~pm6:00
    定休日 日・祝日定休